top of page

PCR検査中止訴訟

PCR検査中止訴訟を裁判所に提出したら口頭弁論を経ずこの訴えを棄却。

しかし訴訟費用の負担は原告側との判決。


概略として、


原告が一般にPCR検査の中止を求めるとこを許容する物ではない。

権利義務又は法律関係の存否に関する紛争ではないから当事者訴訟として不適法である。


訴え自体が不適法であるから却下。


PCRを実施しているのは都道府県であるから、厚労省に訴訟してもだめだと。

しかしながら都道府県は誰から指示が来ているかというと。。。


個人は訴訟する権利すら無いと記載してあります。


子ども達のマスク着用に関しても教育委員会に行くと学校の校長に任していると。


学校に行っても拉致が開かないのが現状。


責任の所在を自ら持たないこの国。政治の在り方と三権分立が成り立っていないこの日本。


個人1人1人が堂々と国や政治に対して間違ったこと口に出して言える時は来るのでしょうか。


新潟でもデモやります!

11月20日東映ホテルの前の公園に1時半〜


https://facebook.com/events/s/%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%90%8C%E6%97%A5%E3%83%86%E3%83%A2%E6%96%B0%E6%BD%9F-1120/2993273537626661/


#

Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
心と身体のメンテナンス