世界規模での「失明の流行」の懸念 LEDの光による「網膜の損傷」の実態を研究で明らかにしたスペインの専門家たちは 「過度な液晶画面依存生活


> 白色 LED ライトに3ヶ月間暴露した後、フィルターなしでタブレット画面に曝露したラットは網膜細胞の死の約 23%の増加を示した。この 23%という網膜細胞の死の度合いは視力喪失を引き起こし得るものだ。

との記事がありました。

タブレットの液晶画面の光が3ヶ月、眼に晒されたという状態で 23%もの網膜の細胞が死亡したというのです。

専門家は、画面を見ている時間を費やし続けると、失明の世界的な流行に直面していると警告しています。

デジタルスクリーンから放出される高エネルギーの光は、網膜を劣化させることによって、目に不可逆的な損傷を引き起こしています。

眼の後ろの光感受性層である網膜の損傷は、中枢失明の最大の原因です。

詳細はこちらから ⇊

専門家は、画面を見ている時間を費やし続けると、失明の世界的な流行に直面していると警告しています。

画面を見ることに時間を費やし続けることにより、世界的な失明の流行に直面していると専門家たちは警告しています。

デジタルスクリーンから放出される高エネルギーの光は、網膜を劣化させることによって、目に不可逆的な損傷(治すことのできない損傷)を引き起こす。

最新の研究では、デジタルスクリーンと網膜の損傷との関係は、これまでよりも明瞭になってきている。

そして今、デジタルスクリーンにさらされている世界中の何百万人もの子どもたちが網膜の損傷の流行という懸念に直面している。数時間デジタルスクリーンで目を覚ますと、網膜に不可逆的な損傷を引き起こし、中枢失明につながる可能性があるという新たな研究の主張がされました。

PCを使うようになってから、使い続けるとどんどん視力が低下して行くのは判っておりました。

見ている時間相当分もの時間を遠くに目をやり休ませなければいけないと、

20年以上前は行っておりましたが

そのような事は現在あまり言われていないような気がします。

元々LED自体は嫌いなので

PCも元来の液晶ディスプレイを使用しております

他にプラズマディスプレイ

  2 枚 のガラス板 ( あるいはプラスチック ) に透明な電極を配置して、互いの電極が向かい合うように合わせます。 このときガラスの間に空間を設けて、そこに希ガス ( ネオン や ヘリウム など ) を入れます。つまり、ガラスで希ガスをサンドイッチのように挟むわけです。 この希ガスに電圧をかけると放電するのですが、この放電によって生まれた紫外線が蛍光体を光らせることで映像を映しています。いわゆる ネオンランプ のようなものです。

有機EL 液晶やプラズマでは、ガラスの間に 液体 や 希ガス などを挟んでいましたが、有機 EL ディスプレイでは 2 枚 のガラスで 有機層というものを挟んでいます。 この有機層に電圧をかけて発光させることで映像を映すのが 有機 EL ディスプレイ です。有機 EL というのは発光ダイオード ( LED ) の一種で、電気の持つエネルギーを直接光に変えることができます。
便利さの後ろには何かしら犠牲になる者があります。
自分のPCの電磁波測定をした事がありますが、
ノート型なのでキーボードの部分が一番電磁波がひどかったので、自宅では別のディスプレイとキーボードも別の物をつないで使っております。
LEDの問題だけではなく電磁波に関しても小さいお子様をお持ちの方は注意された方が良いと思います。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square