top of page

滑舌が悪くなる原因

歳と共に、口を動かすことがなくなったり、

表情が固定されていると

表情筋が下がったままの状態になり、口角が下がってしまう場合があります。


笑顔で笑う事や、口の中の舌を動かしていないと、

舌や口まわりの筋肉が硬くなり、動きが悪くなってしまいます。



その状態を改善するためには、舌のストレッチや表情筋のトレーニングが有効のようです。

 

 



舌を上下左右に引っ張ったり

上下に早く動かすなど、


普段とは違う動きで舌に刺激を与えることで、思い通りに動きやすくなります。

 

滑舌が良い人は舌の筋肉と口周りの筋肉(表情筋・口輪筋)をしっかり使えているようですね。

それと、通常舌が口の中のどの位置にあるのかも重要となります。

 

さて、滑舌が良くなると、早口言葉もしっかり話すことができるようになります。

 



 

=早口言葉で脳トレーニング=

 

大きな声を出して、繰り返し読むことで聴覚も刺激され、脳の活性化が期待できます。

そして、集中力や言語能力、記憶力といった脳力が向上していきますから、全脳トレーニングをしている状態とも言えるでしょう。

 

話していると、口の周りの筋肉が鍛えられるので、

・食べ物が飲み込みやすくなる

・声が出しやすくなる

・呼吸がしやすくなる

 

などの効果もあり手軽な割にお得な脳トレメニューとなります。


毎朝の朝活で滑舌が良くなる笑いや、声を出して詠みあげる、暗唱する事をしています。


あなたは、どんな事を毎日していますか。



特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
FillHratHP.png
bottom of page