top of page

様々な植物で身体を整える

浜香 ハマゴウ


ハマゴウとは、暖かく日当たりのよい砂地海岸に群生する海浜植物です。


暖かさを好み、‐3度以下での越冬は厳しく、あまり耐寒性ないそうです。


乾燥させ、虫除けに炊いて使うこともでき

生のハマゴウは置いているだけで

鼻から口の中までスッキリしてきます。


佐渡の方から頂き

家と事務所に置いて乾燥させておりますが


香と言うより

鼻から口にかけてのスッキリ感が

凄いです。


一般的に長さ3 - 5 cmに粗く刻んで陰干ししたものを蔓荊葉(まんけいよう)と言われております。


風邪、頭痛、には煮詰めた煎じ液をいただく


肩こり、腰痛、筋肉痛、冷え症などには茎葉や蔓荊子をお風呂に入れて入るなど


古来はこの様にして様々な植物を頂き、

香を嗅ぐだけで病が良い方向に向いて行ったのだと思います。


いつも間にか石油製品の固形物を

身体の中で対処できず

臓器を痛めるものを口にしているという事を


改めて知らなければいけないのだと思うのです。


ワ○ク○は何からできてますか?


何故必要だと思うのですか?


古来からあったものですか?


何万年も前から人類が生活する上で

どの様な状態であったかを考えるだけで


今のマスクの異常さを

当たり前とする意識が

私には理解できないのです。


それほど人間は弱い生き物なのでしょうか。


それを投与することにより

どれだけの被害が周りにくるのか


体感でわかるから


わたし自身投与してなくても


その中に身を置くと


身体中が悲鳴をあげるのです。


化学物質

食品添加物

農薬


それを除去しないで


身体を自分で見返すことができていないと

体感もできないほど

感覚が鈍っているのだと

思うのです。


レトルトも、食品添加物の塊であると

判らないから使っているのでしょう。

出来上がっているルーや

瓶詰めも


全て何故保存できているのですか?


わたしの使う調味料は


お塩、醤油、味噌、

香辛料

ハーブ

昆布


があれば料理できますから


冷蔵庫の中はシンプルです。


昔の人達は何をこの国で食べていたのかしら。

身近にあるものを取り

それを口にしていたのだと思います。


あれこれ様々なものを食べ

身体を壊したから


原点に帰ることが必須なのだと

思うのでしょう。


これもメタトロンで

身体の中の分析をして


食事で直すことをする


周波数を浴びることで一時は

調整できるかもしれません。


それもし続けるということは、

対処療法でしかないという事


根本原因解決は

己自身の身体を

自分で知ることだと思います。


Comentários


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
心と身体のメンテナンス
bottom of page