top of page

心の勉強会


私が勝手に名前をつけていますが、毎月少人数でやってます。


日本はさまざまな宗教が入り混じっている

不思議な国



お葬式はお寺なのに

お正月は神社に参拝

教会で挙式 


そんなのは普通にあります。


それ以外にあまりにも多くの宗教が入ってますね。



しかし、宗教でないのに人と少しちがう事を言ったり行動すると、



「あの人変な宗教にハマっている」 



と言われたりもします。



人の見方や捉え方はその人が勝手に決めた事なので、それに左右される事はないでしょう。


しかし、あまり深く考えず、人が言った事をそのまま鵜呑みにしてしまう事も往々にあります。


人の噂ほど当てにならないものはありません。


マスコミのまるで真逆の報道の在り方や

無を、有にしまう恐ろしい事までマスコミはしてきいます。


それはあくまでも第三者の出来事。


誰が自分の未来を決めるのか

それは人が決めるのでは無く

本人自身 ただ1人


それが分かれば何に頼るのか?

誰に頼るのか?


自分を信じて突き進む事

それだけだと思います。


何かトラウマがあってついついマイナスの方向に思考が行ってしまうとしたら

敢えてその意識を正す様に変えたいきましょ。


乗り越えられる事って自分の心の決め方ひとつです。


今後の未来を決めるのも

あなたの心次第


その決め方があやふやだと

どこに行って良いのかわからない状態

いわゆる迷子にさせないでくださいね。


中途半端にならない様に微調整していく事です。


こうだと 決める事。

必ずできると決める事。


『できたらいいな』 

『できますように』


では達成しないので、

『なります』


と心で決める、言葉で決める事。


 《 願 望 夢 》


あなたはどこまで、やれると信じ突き進む事ができますか。


________________________________________


今日も一日志・愛を持って強気で積極的に行きます!


       私は日本再生の為に

    笑顔で満ち溢れる世界を作ります


       その為の活動として

  七世代の子供たちが元気で生活できるために


 現状の食、医療、歴史、経済、金融の意識改革を

  講演会やセミナー活動を通じて広めていきます


________________________________________︎



市や県、政府関連に電話しても、オウム返の回答しかいただけない事が往々にあります。


もちろん雇われているので自分の意見は言えないのでしょう。


自分の言っている事が今問われている内容と噛み合わなくても同じことを言い続けているのです。


それが法律違反の事だと分かって話されているのでしょうか。


そんな現状を踏まえて、ノーマスク宣言を各市町村で実施、成功されている方がいらっしゃいます。


4月3日にお呼びする広島県呉市市議会議員の谷本 誠一さんです。


やり方を反対にしているのです。

それには親子がノーマスクにすると決めなければいけません。

決めてもその後の順番があり漸く出来るとそれから周りに拡散させて行くやり方です。


上からのお達しではなく皆さん一人一人が変わることですね。


そんなやり方も伝授してくださる谷本誠一市議会議員と、井上正康医師、池田としえ日野市市議会議員の3名をお呼びしてのシンポジウムを開催いたします。


★━┓

┃☆┃ 緊急シンポジウムin 新潟 子どもの接種ワクチン マスクの後遺症を考える

┗━★━━━━━━━━━━━━━━━━━━


令和4年4月3日 

〇第1部午前10時~11時45分

「子どもたちへのマスクとワクチン接種を考える」谷本誠一 広島県呉市市議会議員


〇第2部 12:45~14:15

「本当は怖くない新型コロナウイルス」

 井上正康 健康科学研究所 所長大阪市立大学医学部 名誉教授・医師


〇第3部 14:20~15:50

「子宮頸がんワクチンに学ぶ新型コロナワクチン」池田としえ日野市市議会議員  新型コロナを考える会事務局⾧ 全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会事務局⾧


〇第4部 16:00~16:30 討論会


https://www.reservestock.jp/events/675321


それに合わせて、協賛をお願い出来る方も募集中


当日ご自身のお仕事のチラシ配布と、物販ブースを一枠設ける事ができます。


それに合わせてシェアードプロジェクトも立ち上げて支援金を募ることにいたしました。


この度は中学生以下無料もさせていただいております。子供達にも是非聞いていただきたい内容となっております。

それに合わせて参加費も低めに設定しておりますので経費を賄うためのものになりますので、何卒宜しくお願いいたします。


https://resast.jp/shared_projects/index/508

Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ