top of page

太極拳と武学

自分史作るきっかけがあり、少し引き出し開けてみたら15年前の大会に出ている写真がありました。

あら懐かしい。




腰の下まで髪の毛伸ばしていた頃もあり、それに比べればまだ短いかしら。


この頃は太極拳週に5回くらい教室変えて仕事帰りに行ってました。


今は指導しているからこの形見ると、身体の軸と足の動きが連動して無いなって、写真見てすぐにわかります。


後ろ足から前足の重心移動なのに、前足先導になってる🤔


今みなさんに注意している事ですけどね。



身体の作用は、身体をゼロ化状態にしないと良くわからないと思いますが、この頃は「緩め、緩め」と言われていても緩め方が判らなく、萎えてしまう事多々あり。


今やってる武学は、その身体のゼロ化状態がすぐにでき、体感する事ができます。


コレが15年前にわかっていたら、また違ったのでしょうが、全ては必然。


経験したから言える事があります。

 

できない頃がわかるから、生徒さんにも「できなくて当たり前」をお伝えする事ができるのですからね、

何事も失敗がなければ、どう変化させたかも判らないでしょうし、対応が出来ないと思います。



何か不服があれば言えばいいし、言えなかったら、自分のせいだと思って内にしまうことをすればいいだけ。


誰が悪い誰が良いはないです。


その場の対応が全てなのでしょう。



懐かしい写真を見て、あら肌のハリが違うのを羨ましく思う自分でした。

Comments


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square