加湿器に最近こんなの入れてませんか?


次亜塩素酸は 生物を構成する物質である

糖、タンパク質、脂質などの構造を壊していきます。

微生物の体(細胞)を構成する 有機物を広く攻撃し、その結果生命活動を阻害して、微生物を死滅させるのです。

抗生剤の アプローチとは違います。。

次亜塩素酸が微生物を死滅させるメカニズムは、正直言って

非常に多面的 です。だから 抗生剤よりもずっと・・まずいのです。。

脂質・タンパク質の変性、 ←組織構造が破壊

細胞膜透過性の変化、←電気的流れが阻害

細胞中のエネルギー消費 ← エネルギー総量の減少

酵素の阻害、などなど、様々な手段によって微生物を死滅させます

有機体の 細胞レベルでの脂質やタンパク質に 酸化ダメージを与えて

本体である細菌を壊していくことが 唱えてありますよ

人間だって 有機体です もちろん 同様に 細胞レベルから

構造部位の脂質もタンパク質も壊されないと なぜ 言い切れるのだろか

本当に よくわからなかった 

細胞のエネルギーを 消耗されてしまうのは エネルギー総量を上げていこうね

って お伝えしている今 まさに逆行です。。



そもそも 細胞そのものが 壊れちゃうのに 人間の細胞に安全なわけがない

ではないですか・・・



ウィルスだろうと 細菌だろうと その辺を片付けるっ って



喜んでいちゃ 自分も一緒に 壊されてます 


微量だとしても 毎日吸い込んだりしてたら

粘膜といい 肺胞といい 細胞の脂質もタンパク質も 少しずつ溶かされ

壊されていきますよ


有馬陽子さんアメブロより転記


https://ameblo.jp/holistetique/entry-12590525672.html

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square