【陰陽で身体を整えよう&ガイアの水135勉強会in新潟】

連休最終日に皆さんいかがお過ごしでしょうか。


あちこちでイベントが多く開催されていたようです。



色々なイベントに参加されたかた

旅行に行かれている方

通常のお仕事に就かれていらっしゃる方等

いらっしゃると思いますが


新潟は以外と天候に恵まれた方だと思います。



台風で飛行機も飛ばなかった沖縄各地もありましたが

新潟は台風が来ても

温帯邸低気圧に変わって避けられることが多いですね。




有難いことです。




今日は風が強いので

お車でお出かけの方は

ドアを開ける時 氣を付けなければですね。





10年程前でしょうか。




風が強いときに スーパーの駐車場で買い物が終わって返ってきたところ

丁度目撃!!




私の車に勢いよく風で車のドアをぶつけて

そのまま去ろうとしていたので

声をかけたその言い分が・・・



「僕がぶつけたんじゃない

  風がぶつけたんだ!!」



一瞬 あっけにとられました。


しかし、貴方がドアを開けてぶつけたんですよね?



しかし、素直じゃないですね。

たまたま奥様と子供連れでしたので

それ以上は抵抗しませんでしたが・・・・



ビックリです。




昨日「陰陽で身体を整えう」のセミナーを開催対しました。



陰陽五行からの臓器の働きなど

チェックポイントに基づきどのように改善すべきなのか

主要となるもののお話をして下さいました。



白いもので避けたいものはやはり


白砂糖 精製塩 小麦粉


 それと


お野菜は皮ごと頂くこと。



但し、農薬の問題があるので

その問題を解決してからですね。




特に共通して何度も仰られる事は

良質なミネラルのタップリ入ったお塩と

お水は重要(水道水そのままは危険)


とお話の中で多く出てきました。




お塩の重要性はあちこちで聞かれます。


但し、精製塩ではなく ミネラルが豊富に入った天日塩



身体が寒くなったら お塩取りなさい とも言われます。



精製塩は身体の細胞の水分を取ってしまうので危険



今年の夏はたくさんお塩摂りました 塩レモンを作って お水に入れて飲みました。


「減塩」



と、未だに口にする方がいらっしゃいますが 何か勘違いしていらっしゃるようです。



精製塩は、口にするとだ液は出ませんが ミネラルが豊富な天日塩は だ液が出てきます。



お水にしても

肌から吸収するものは 10日しないと出ていかない


延々と塩素水を浴びていたら 延々と身体から出ていかない訳です。



問題なのはシャワーで使うときに 水滴が浮遊します。


そのときに塩素を吸入しやすいことは判っています

また肌に直接あたることで酸化がすすんだり、炎症を促進すると言われています。





水道水による発ガン危険性としては トリハロメタンやヒ素、硝酸態窒素、アルミニウム、鉛などがあります。



水質基準によって水道水は厳しく規制されています しかし、みなさんミネラルウォーターの危険性は認識が無いようです。





ミネラルウォーターのヒ素含有基準は 水道水に比べて5倍緩い基準となっています。



横浜市の調査で、国内で売られているミネラルウォーターの一部で ホルムアルデヒドやアセトアルデヒド (いずれも発ガン性有り)が水道水の80倍の濃度で検出されたという記事もありました。 (毎日新聞2003年4月20日の記事)


更に、一部のミネラルウォーターから乳幼児の生育に影響を与える硝酸性窒素が検出されています。


よく調べたうえで飲用するか決める必要があるでしょう。




これらを除去する為には 水道水に浄水器をつけるのが一番簡単です。





13種類の除去出来るフィルターを持つ ガイアの水135シリーズはこちらから http://www.viviann.co.jp/






ご参加された方は長時間に渡りお疲れ様でした。 ありがとうございました😊

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square